スタッフ ブログ

11/11のDRC ロマネ・コンティ 2008
11/17のDRC ロマネ・コンティ 2007
他のワインも負けじのレベル
シェフ渾身のランチコースメニュー
(前菜盛合せ)
(前菜) オマール海老の冷製ビスク
(魚料理) 鱈とフォアグラのシューファルシー
(肉料理1品目) 真鴨もも肉のコンフィ
サーブ直前に暖かいソース掛け
(肉料理2品目) 真鴨の胸肉のロースト
(デザート) チョコレートのフィアンティーヌ
ライヴ・ミュージックで締めくくり

2012/11/11・17
【15周年記念 ワイン講座 第89回・第90回 “ DRC ロマネ・コンティ” 】



ホテル開業15周年記念にふさわしく、シニア・ソムリエ念願
“ DRC ロマネ・コンティ ” がメインのワイン講座を、
11/11に'08ヴィンテージと、11/17に’07ヴィンテージで、
2回に分けて、開催いたしました。



正規代理店DRC ロマネ・コンティの一般的な小売の相場は1 million yen。
それをシェフ渾身のランチコースとのマリアージュとともに、
各回15名様定員の、15周年記念破格の1名様 50,000円にてご提供。
おかげさまで、告知後すぐに定員に達しました。






11/17は2007年を。
ただいまコルク栓を抜いて、空気に通しているところ。










《 試飲ワイン 》も、メインのDRC ロマネ・コンティの他に

アンリオ・ブリュット・スーヴェラン NV
ドメーヌ・ギ・ボーカル・ ムルソー1級 リムーザン'99
ドメーヌ・ド・ラルロ・ニュイ・サン・ジョルジュ 1級
 フォレ・サン・ジョルジュ'03
ドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレ ボンヌ・マール'09
 (シャンボール・ミュジニー特級)

と、いずれも脇を固めるにふさわしいレベルのワインを揃えました。




今回のランチコースは、当ホテルの総料理長自らがこのワイン講座のため、
メニューは勿論、仕入れ先との交渉から仕込みまで、コツコツと準備した渾身のコースメニューです。









まずは、シャンパン アンリオ・ブリュット・スーヴェラン NV
前菜盛り合わせ。


(前菜盛合せ)
サーモンマリネのムース詰め、
キャビア添え 蟹・帆立貝とアボカドのテリーヌ、
オレンジ風味 昆布森牡蠣の菠薐草包み、
海水のジュレ 雲丹とトリュフ風味のスクランブルエッグのタルトレット




オマール海老の冷製ビスクとイエローピーマンのピューレ
泡立てたカフェオレ風味のミルクにオレンジピールをちらして













白ワイン ドメーヌ・ギ・ボーカル・ ムルソー1級 リムーザン'99 と
(魚料理)
鱈とフォアグラのシューファルシー、白子とブランダードのガダイフ包み焼き







赤ワイン2種
ドメーヌ・ド・ラルロ・ニュイ・サン・ジョルジュ 1級
 フォレ・サン・ジョルジュ'03
ドメーヌ・ド・ラ・ヴージュレ ボンヌ・マール'09
 (シャンボール・ミュジニー特級) と
(肉料理1品目)
真鴨もも肉のコンフィ、
バイオレットマスタード風味のディアーブル風、
内臓とエシャロットのサラダ、アボガドの香り添え












サーブ直前に暖かいソース掛け。















DRC ロマネ・コンティ と
(肉料理2品目)
真鴨の胸肉のロースト、
茸のピューレと赤ワインソース









(デザート)
チョコレートのフィアンティーヌ シナモン風味、
ピスタチオソースとフランボワーズとともに









デザートとコーヒーとともに
サクソフォンとピアノのライヴ・ミュージックで締めくくり。




皆様ご満足頂いたようでした。